深視力について

深視力検査とは?

深視力検査とは、物を立体的に見る力や遠近感が正常に備わっているかを調べる検査です。
大型免許や二種免許を取得する為には、視力検査以外に深視力検査が必ず必要となっています。
深視力検査に合格する為には、正常な立体視機能が必要です。
「視力検査には合格したが、深視力で落ちた」という声をよく聞きますが、片眼づつの視力が良くても両眼で見る機能が悪ければ、正常な立体視機能は得られません。
つまり物を立体的に見る事が出来ず遠近感が分かりにくいため深視力検査が不合格となるのです。

当店の検査装置(※写真)は、光明池運転試験場と同じ検査装置で、免許更新前に視力の測定の練習ができます!
ぜひ、一度お試しください。

深視力検査は30分3,000円で練習できます。
めがねご購入の方は無料です。

深視力測定器絵
深視力測定器写真

深視力の測定方法

  1. 深視力検査写真

    深視力検査

    写真のように白い四角にある3本の黒い線の真ん中の棒だけが前に来たり、後ろへいったりしますので、動かない両側の棒の間を通る時にすばやく指でボタンを押して止めて下さい。

  2. 視力検査図

    視力検査

    大小の輪がたくさん並んでいます。ランプがついた部分の輪の切れている方向を答えて下さい。

    この図の場合は「右」と答えて下さい

  3. 色検査図

    色の検査

    赤・青・黃のいずれかが点灯しますので、その色を答えて下さい。

    この図の場合は「上が赤、下が青」と答えて下さい